かずかずの よよのほとけの いましめを
いまにたえせず みちおしゆなり


 九州西国観音霊場結願の寺は、菅原道真公ゆかりの太宰府にある観世音寺。「日本書紀」によれば、天智天皇が母の斉明天皇の菩提を弔うために発願され、天平18年(746)、八十有余年を費やして完成されたといい、正面に講堂、東に五重塔、西に東面金堂、手前に中門を備えた伽藍配置は、白鳳期の観音寺式と称される。
 この寺は660年代に設置された太宰府政庁の東に造営され、天平宝字5年(761)には戒壇院が設けられ、西海道諸国の僧統をつかさどる太宰府の大寺となった。その戒壇院は、大和東大寺戒壇院などと並び日本三戒壇に一つに数えられている。
 たま、菅原道真公も「都府楼(太宰府政庁)わずかに瓦の色をみる 観音寺はただ鐘の音をきく」と詠んだこの寺の梵鐘は日本最古のもので、国宝に指定されている。
 観世音寺宝蔵には、藤原から鎌倉にかけての十六体の仏像が安置され、そのいずれも国指定重文で、西日本随一の文化財が納められている。
 諸尊と御縁を結ばさせていただく清祥巡拝の旅は、また、それら諸尊や、御仏たちを奉じ法灯を受け継いできた寺々の歴史を訪ねる旅でもあった。
 千有余キロに及ぶ筑紫路の霊地をめぐり来た巡礼者の心に、観世音寺の名鐘の響きはいかばかりしみわたることであろうか。

聖観世音菩薩 天智天皇
天台宗
〒818-0101 福岡県太宰府市観世音寺5−6−1
092-922-1811 092-922-1810


より大きな地図で 九州西国霊場 を表示
まえの札所 つぎの札所
江戸時代に再建された講堂

国指定の文化財や
寺宝が数多く所蔵
されている宝蔵

金堂には
阿弥陀仏が
祀られている

菅原道真は
この鐘の音を聞いて
詩を詠じた
白鳳時代の鐘
国宝に指定され
ている日本最古
の銅鐘


持ち物
基本作法
物販のご案内
札所一覧
お問い合わせ
サイトマップ
TOPへ